外壁塗装の業者選び一括比較ラボ

家などの外壁を塗る

Posted on 2014年11月24日 in 外壁塗装の業者選びについて by

家などの外壁を塗るときや場合によっては、塗装の専門の業者に
仕事を依頼したりする必要がありますね。しかし低料金で利用者の評判がいい
業者だけを選ぶのは、結構一般的には難しいものです。

このような場合、外壁塗装するとき業者の選びでしっぱいしないのは、
外壁塗装サイトの一括見積もりがおすすめです。

ネットでできる一括見積もりのサービスを利用すると、
複数の外壁塗装の業者から一括で見積もりを取りよせできるのです。
この査定サービスは、外壁塗装したい方に利用されています。

とても安心して利用することができるので人気なのです。
インターネットを活用しながら、パソコンやスマホがあれば誰でも
気軽にいつでも利用できるのがいいですよ。

たとえばパソコン操作は苦手なの・・・という方もいるかもしれません。
しかしこの操作はとってもカンタン!初めての人でも全く問題なく
使うことができます。

とにかくたくさんの外壁塗装専門業者から、価格・見積もりをしることが可能なので、業者選びのポイントとなることでしょう。後日、別の業者に依頼をしたほうがよかった・・・などと後悔をしないためにも、このような無料で活用できる査定サービスを利用するといいですよ。
外壁塗装の業者を探す

外壁修繕の種類

Posted on 2014年11月24日 in 外壁塗装の業者選びについて by

外壁修繕の種類もたくさんありますね。ホームセンターのDIYコーナーでも、家の外壁塗り替えに使える塗料などは売られています。
ではなぜ外壁塗装や外壁修繕の業者がこんなにもたくさんあるのでしょうか?

素人でもちょっと慣れればできるものなら、そんなにプロがたくさんいる必要はないですよね。
それは、外壁塗り替えや外壁修繕はただ塗料を塗ったり穴を埋めたりするだけではないからです。
こうした外壁塗装や外壁修繕のやり方は、大きく二つに分かれます。

一つは塗装。
文字通り塗料を塗り直して壁の色を均一にし直したり、ほこりや雨などから家を守ります。
塗料の種類によって若干耐久年度の差はありますが、ほとんどの場合十年前後はもちます。
外壁塗装といわれたらまず思い浮かべるのはこちらでしょう。

もう一つはサイディングという方法です。
サイディングボードという壁の一番外側の部分を張り直すもので、これは素人には不可能でしょう。
また、サイディングボードが使われている家は外壁塗り替えをしても長持ちさせる事ができません。
このため、プロの手が必要になるのです。

そういう外壁塗装については業者を比較すると便利です。
価格もそれぞれ違いますので、わかりやすいですよ。

マンションの外壁塗り替え

Posted on 2014年11月24日 in 外壁塗装の業者選びについて by

マンションの外壁塗装や外壁修繕を考えるきっかけは人によってさまざまですが、主な理由は二つあります。
「リフォーム会社の営業マンに”外壁塗り替えをする時期ですよ”と指摘された」もしくは「自分でマンションの壁を見ていて、ひびわれや汚れ・カビを見つけた」というもの。
しかしこれはどちらも、本当に外壁塗装・外壁修繕をすべきタイミングではないことが多いです。

なぜかというと、前者は単なる営業マンのノルマ達成のために言っているケースがほとんどだから。
後者については、多少のひび割れなら業者の手を借りなくても、ホームセンターなどで売っている「コーキング材」で埋めてしまえば目立たなくことが多いのです。
そしてこうした早すぎるタイミングでの外壁塗り替えや外壁修繕は、かえってマンションの耐久度を下げてしまう事もあります。

ではどうすれば良いタイミングで外壁塗り替え・外壁修繕をできるのかというと、良い業者に一度見てもらうのが一番です。
いきなり押しかけてくるようなところではなく、こちらから依頼したら迅速に・誠実に対応してくれるような会社を選ぶということですね。
その基準がわからないという人は、「外壁塗装サイト」のような一括見積もりを依頼できるサイトを利用するといいでしょう。

家の外壁にひび割れや傷

Posted on 2014年11月24日 in 外壁塗装の業者選びについて by

家の外壁にひび割れや傷、汚れが目立ってしまって
リフォームをしたくなったら、塗装業者に外壁塗装を
依頼することが多くあると思います。

イチオシのお薦めは外壁塗装サイトです。
とても詳しく記載されています。

まず、塗装のことを何も知らなければ手抜き工事を
されてしまう恐れがあります。
塗装業者に塗装を依頼する際、
注意したほうがいい点をご紹介しましょう。

塗装リフォームの現場で使用されると塗料に
「単層弾性塗料」というものがあります。

この単層弾性塗料は外壁に下塗り、その後上塗りを
2回重ねる工法の塗料です。

本来この塗料は粘度が高い塗料で、厚く塗り固めることで
外壁のひび割れを止める塗料です。

この塗料自体はそれほど高価なものではありませんが、
厚く塗り固めるために大量に使うと金額も上がってしまいます。

しかし、手抜きをする業者はこの粘度の高い塗料を
水で薄めサラサラにして施工します。

そうすると粘度は低くなるので塗りやすくなるうえ、
成分は希釈されるので業者の材料費を浮かすことができます。
もちろん、薄めた塗料ではひび割れなどを
食い止めることができず、まったく無意味な塗装に
なってしまうのです。

単層弾性塗料をメーカー指定通りの量使って塗装をするとなると、
150平方メートルの施工面積で約12缶必要になります。

見積時にこれよりも少ない缶数しか使っていないことになると、
水増していることが判断できます。

そしてこの単層弾性塗装料は多機能弾性塗料で、
本来は外壁の塗り替え塗料材として使用しない塗料なのです。

水で薄めて塗りやすくすることから利用されることが多いですが、
その弾力性は弱く塗り替えても長くは持ちません。
よく利用されるのはアクリルですが、最近はシリコンの
単層弾性塗装料も使用されます。シリコンと言っても
弾力性は期待できず、すぐにまたひび割れてしまうのが現状です。

この単層弾性塗装料をメーカー指定通りの量で使うと大量に
必要になりコストもかかり、高い粘度なので塗りにくく
それだけ手間がかかってしまうためこの塗料を扱わない
外装塗装業者もあります。

外装塗装を行う際は是非この塗料が使われているのか
チェックしてみてください。もし使われている場合は
メーカー指定通りの量を使っているのか依頼業者に
確認してみることをおすすめします。